腕時計の秒針がおかしい – 電池切れのサイン

公開:2016-05-22 / その他 / , , ,
更新:2016-05-23
icatch_time

みなさんは腕時計を使っていますか?

 

僕の周りは「スマホ(ガラケー)で代用できる」という理由でつけてない人が多いです。
(内勤が多いせいですかね。営業の人は腕時計をつけている人が多い気がします)

 

僕自身、「時計はスマホで十分」と考えて生活していましたが、今の嫁さんにTAG Heuer(タグ・ホイヤー)をプレゼントされてから身に付けるようになりました。(節目の年ということで大奮発したそうです。結婚前にもかかわらず感謝です)

 

ところが3年ほど使ったある日、いつもの様に腕時計で時間を確認したら、秒針の動きがおかしいことに気が付きました。

 

そのおかしな動きとは、秒針が一定時間止まり、しばらくすると「テテテテッ」と進みだすというものです。

 

時間が遅れてるわけではないので、問題なく使い続けることはできます。

 

う〜ん
とはいえ、やっぱり気にはなります。

 

一生とは言わないですが、高級腕時計なので10〜20年は使いたいところです。
「修理に出すと高いだろうなぁ〜」なんて漠然と考えながらしばらく使っていました。

 

ある日、当時となりに座っていた後輩が腕時計に詳しいことを知ったので「最近、腕時計の秒針の動きがおかしいんだよね、時計壊れちゃったかもと言って見せたら、

 

それ電池切れのサインですよ

 

と即答されました。

 

「最近の若いもんは高級腕時計の電池切れのサインを知っているのか!?」それとも「僕が無知なだけなのか」については言及しませんでしたが、秒針の動きがおかしい問題は高級腕時計の仕様ということで、僕より10歳も若い後輩の一言でいともたやすく答えにたどり着きました。

 

秒針の動きで電池切れを教えてくれるなんて、やっぱり高い時計は違いますね。

 

次に、TAG Heuer(タグ・ホイヤー)における数少ない電池交換の体験について紹介してみたいと思います。

 

街の時計屋さん

この時計は、過去にヨドバシカメラで電池交換をしたことがあります。

 

その時は、ヨドバシカメラでは6,300円もかかったので、今回は街の時計屋で電池交換してみることにしました。

 

早速ネットで検索したら、ウチの近所の商店街の中にありました。

 

どんな店かというと、こんな感じです。

街の腕時計の電池交換の店 外観

 

街の時計屋さんって感じですね。
ここで腕時計の電池交換できるとは、、、
この街に引っ越してきて5年ほど経ちますが、まったく気が付きませんでした。
興味が無いとは恐ろしいですね。。。

 

店内に入ると、中はカバンと時計が綺麗に陳列されていました。

 

カウンターには、どこにでもいそうな普通のおじさんが店番をしており、電池交換して欲しい旨を伝えて時計を渡しました。

 

防水の保証はできないですが、よいですか?

 

と聞かれ、「大丈夫です」と答えて商談成立です。
(結構な気圧まで耐えられる腕時計なのに、メリットを活かしきれていませんね。。。)

 

なお、5分くらいで終わるとのことなので、店内を徘徊して待ちました。
と言っても2分もかからないで見終わってしまったので、カウンターの上のおもちゃで遊ばせて待ちました。その時の写真が以下です。

街の腕時計の電池交換の店 作業中

 

ちゃんと仕事してくれてますね。(笑)

 

約束通り5分くらいで声をかけられました。

 

お値段なんと¥800円でした!!!
安い!

 

確認すると、若干遅れてた時間も合わせてくれてました。気が利くジャン!

 

交換してから2週間ほど経ちますが元気に動いてくれてます。
電池交換なんてこんなもんだよね〜

 

ヨドバシカメラの2週間で¥6,300円と何が違うのかね?

 

と、思わずにはいられなかったので調べてみました。

 

メーカーの電池交換作業内訳

以前は、秋葉原のヨドバシカメラにリペア専門の窓口があるのでそこに依頼しました。

 

お値段なんと、6,300円!

 

詳しい話を聞くと、TAG Heuer(タグ・ホイヤー)のようなブランドの腕時計はヨドバシカメラで電池交換を行うわけではなく、メーカーに依頼をするそうです。
また、単純に電池交換をするだけではなくクリーニングやら、防水チェックやらでどうしても掛かります、とのこと。

 

この時、ヨドバシカメラの「アフターサービスポイント」というのが4,000ポイントほどあったので、実質2,000円でお願いすることができました。

 

それでも2,000円だったのですが、使い始めて3年だったので、「メンテナンスして長く使おう」と考え依頼することにしました。

 

2週間ほどして、お店から連絡があったので受け取りに行くと、「毎日つかっているのにガラス面がとても綺麗です」とお褒めの言葉を頂き、一緒にリペアサービスカードの言うものも受け取りました。

 

そこには、今回の作業の内訳が明記されていました。

TAGHeuer Repair Service Card 表紙 TAGHeuer Repair Service Card 内訳一覧 TAGHeuer Repair Service Card 内訳詳細

 

このメンテナンスの甲斐があってか、電池が切れるまでの4年間は不具合なく無事に動いてくれました。

 

メンテナンスを高いと見るか安いと見るかは、人それぞれですが、高級腕時計はそれなりの思いがあると思います。

 

今回、僕は街の時計屋に依頼をしましたが、個人的にはメーカーに出したほうが長く・安心して使えると思います。

 

次のメンテナンスは、またヨドバシカメラ(ないしはメーカー)に依頼をしてみたいと思います。

 


コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...