アトピー!?生後間もない赤ちゃんの皮膚が剥けまくる症状

公開:2017-02-28 / 育児・子育て / , , , ,
更新:2017-02-28

現在、我が家では二人目の子供が生まれ、人生初めての育児休暇を取得し、絶賛子育て中です。

 

産まれてすぐの頃は、育児モードになっていないせいか、戸惑うこともありましたが、退院するころにはミルク・おむつ替えは完璧な状態になっていました。

 

「やっぱ二人目は違うなぁ〜」などと一人目のときの比較して、ずいぶんと余裕があると感じていましたが、そんな矢先に事件は起きました。

 

生後2週間ほどで手の甲の皮が向け初め、翌日には「脱皮するじゃないか?」というくらい全身の皮膚が剥けてきたのです!

 

早速、一人目と違う症状が発生し、子育てはマニュアル通りに行かないことを実感しました(汗)

 

そうですよね。。。

育児舐めてました。。。

 

とは言え、3歳目前の一人目の子供は、生傷が絶えない日常を送っているため、皮が剥ける程度であれば、正直言うと驚くことではありません。

 

ところが僕が幼稚園の時に「小児アトピー性皮膚炎」と診断されている経験があるため、皮膚に関する症状には過敏に反応してしまうのです!

 

きっと僕のようにアトピー持ちの親であれば、「子供がアトピーだったらどうしよう!」と激しく心配になるかと思います。

その気持ちわかります。

 

このあたりは、子孫が繁栄するよう優秀な遺伝子を残そうという本能が、アトピーといった負の遺伝情報をなんとかしたいということなのでしょうか。

将来、生物学者に会うことがあれば是非聞いてみたいと思います。

 

僕自身、アトピーは小学校5年生くらいに治った(※)のですが、やはり自分の子供に同じ思いをして欲しくないので、早めに対処をしようということで、本日はこの新生児の皮膚の皮むけ現象について調べて見ました。

 

※医者にアトピーが完治したという診断はもらっていません。ただ、足を掻きむしって常にかさぶたがある状態は改善しました。

 

事象の確認

まずは我が子の写真を交えて、事象を紹介します。

 

下の画像は、生後10日頃の写真です。

手の皮が剥けているのがわかると思います。

新生児落屑 手の甲

 

手首です。こちらの方が剥け方がヒドイです。

新生児落屑 手のひら

 

写真はありませんが、足も同じような感じです。

また、背中も皮が剥けていたのですが、うすーく一枚の皮が剥けている感じでした。

 

ここで僕の話をしますと、僕は年中、足のスネの部分が痒かったため、常にかさぶたがありました。そのため、小学生の頃は夏でも長ズボンを履くくらいに気にしていました。

 

それに比べると、二人目の子供は痒そうにしている気配はなく、引っ掻いて皮膚がむけているわけでもないので、アトピーではなさそうです。

 

さらに症状と原因を調べてみました。

 

症状と原因

実は、この皮膚がポロポロ剥ける症状は「新生児落屑(しんせいじらくせつ)」というもので、新生児の9割近くで発生するものです。

 

新生児落屑は、科学的な証明はされていませんが、新生児の皮膚を守っている胎脂がなくなり、直接外気に触れることで乾燥することが原因と考えられています。

 

これは生理現象のため、特に気にする必要はありません。

なのでひと安心です。

 

ただ、あくまで「ひと安心」なだけで、アトピーかどうかの結論は出ていないので、こちらについて言及します。

 

新生児の場合、よく似た症状として乳児湿疹があるため、医師でもアトピーかどうかの判断は難しいため、1歳未満場合は、以下の条件に当てはまる場合にアトピーの被疑をかけるそうです。

  • かゆみがある
  • 頭、顔にでき始め、やがて体、手足に湿疹ができる
  • 症状が2ヶ月以上続くこと

 

ただ、それでも不確実な要素も多いので、アトピーかどうかは1歳を過ぎないと断定は難しいようです。

 

新生児落屑の対処法

話を戻しまして、新生児落屑の対処について説明します。

 

新生児落屑は生理現象のため、何もせず放置するのが正しい対処になります。

 

新生児の皮膚はとても薄いため、皮を向くと炎症や感染症を引き起こす可能性が高くなるので、どんなに気になったとしても皮を剥くのはやめましょう。

 

どうしても気になる場合は、毎日沐浴を行うことをオススメします。

沐浴することで、皮膚や柔らかくなって剥けやすくなります。

 

また、新生児の皮膚は皮脂が詰まりやすいため、汗をかきやすい時期には1日に数回沐浴してもOKです。

 

2週間後

皮を剥きたい気持ちをひたすら我慢し続け、2週間ほどしたころ、皮膚がきれいになりました。

新生児落屑が治った 手の裏

新生児落屑が治った 手

 

背中の皮はポロポロといった感じではなく、「ベロン」と剥けましたが、傷になったりすることはなくとてもきれいな状態です。

 

(この記事はこの子が5ヶ月を過ぎた頃に書いているせいか、細っちくて小さかったこの頃のサイズが懐かしく感じます。二人目のせいか、あっという間な印象があります)

 

最後に

2週間〜1ヶ月経っても皮膚の皮剥けが改善されない場合は、皮膚の病気疑いがあります。

 

似たような症状の病気に「非水疱型先天性魚燐様紅皮症(先天性魚麟癬)」が存在します。

 

以下のサイトで魚麟癬の症状を持った家庭が紹介されていますのでURLを載せておきます。

http://spotlight-media.jp/article/289636380307750570

 

こちらの症状も新生児の頃は判断が難しいようなので、心配な場合は専門医のいる病院へ行って医者に相談することをおすすめいたします。

 

mislead
MISLEADの記事に共感いただけましたら
いいねをお願いします。

コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...