MacのスクリーンショットのショートカットをWindowsに合わせる

公開:2015-11-14 / その他 /
更新:2015-11-29
icatch_mac

僕は基本的にWindows派なのですが、職業柄Macも使えないと仕事にならないため、ネットサーフィンするときはMacBook Airを使うようにしています。

 

ただ「ネットサーフィンだけじゃせっかく買ったMacBook Airがもったいない」ということで、このmisleadブログもMacBook Airで執筆活動するようにしたところ、最近になってようやくショートカットを使いこなせるようになりました。

 

ただ、どうしても覚えられないショートカットがあります。

 

それは、

 

画面キャプチャ(スクリーンキャプチャ)、通称「スクショ」

 

です。

 

普段はWindowsなので「PrintScreen (PrtSc)」で画面全体を、また「 PrintScreen(PrtSc) + Alt」で特定のウィンドウの画面キャプチャを撮るという癖がついているため、Macでブログを書く際には、ついついキーボードを見てPrintScreenのキーを探してしまいます。

 

「Macで画面キャプチャってどうやるんだっけ?」となるたびにGoogle先生にお世話になっているのもさすがに作業しづらいので、なんとかする方法を考えたところ、昔WindowsでキーボードのDeleteキーが壊れた際、キーボードマッピングというキーの割り当てを変更するソフトウェアを利用したことを思い出し、

 

Macの画面キャプチャをWindowsに合わせてしまえ!

 

ということで、Macの画面キャプチャ(スクリーンキャプチャ)のショートカットをWindowsに合わせる方法を探して、対応しました。

 

思いのほか簡単にできましたので、今日は同じ悩みを抱えている方のためにMacのショートカットキーの変更方法について紹介したいと思います。

 

Macのショートカットキーの変更方法

Macのショートカットの設定は、Windowsのようにキーボードマッピングのソフトウェアをインストールする必要はありません。

 

以下、画面キャプチャを交えて説明していきます。

 

アプリケーションの「システム環境設定」から、「キーボード」をクリックします。

2222-1

 

次に、ショートカットのタブをクリックします。

2222-2

 

ショートカットの画面になったら左の一覧から「スクリーンショット」を選択します。

2222-3

 

すると、右側の画面に、4種類の画面キャプチャ(スクリーンショット)のショートカットキーが表示されるので、ショートカットキーの個所をクリックし、自分で指定したいショートカットキーを入力します。

 

僕の場合はできるだけWindowsにあわせるために、

  • 画面のピクチャをクリップボードにコピーを「Ctrl + P」
  • 選択部分のピクチャをクリックボードへコピーを「Alt(commnd) + P」

にしました。

2222-4

なお、Windowsでは画面キャプチャを画像として保存する機能はないため、ピクチャをファイルとして保存するショートカットの変更はしていません。

 

以下の画面の通り、新しいショートカットキーが表示されたら完了です。

2222-5

 

1点、設定にはありませんが特定のウインドウを撮影し、画像はクリップボードにコピーしたい場合は、選択部分をキャプチャする際、スペースを押下すると、フォーカスが当たっているウィンドウすべてが選択状態になります。

 

上記新しい設定でいうと、「Alt(commnd) + P」の後、マウスカーソルが変わったらスペースを押下し、クリックすればクリップボードにコピーされることになります。

 

一応、Macのデフォルトの画面キャプチャ(スクリーンキャプチャ)のショートカットキーを紹介しておきます。

 

Macの画面キャプチャ(スクリーンショット)の方法

デスクトップ全体を撮影し、デスクトップに画像を保存

「Command」+「Shift」+「3」

 

選択範囲を撮影し、デスクトップに画像を保存

「Command」+「Shift」+「4」

 

特定のウインドウを撮影し、デスクトップに画像を保存

「Command」+「Shift」+「4」、押下後「スペース」

(スペースを押下するとマウスカーソルがカメラ型に変わる)

 

デスクトップ全体を撮影し、画像をクリップボードにコピー

「Control」+「Command」+「Shift」+「3」

 

選択範囲を撮影し、画像をクリップボードにコピー

「Control」+「Command」+「Shift」+「4」

 

特定のウインドウを撮影し、画像はクリップボードにコピー

「Control」+「Command」+「Shift」+「4」、押下後「スペース」

(スペースを押下するとマウスカーソルがカメラ型に変わる)

 

「Command」を含めるかどうかで、デスクトップに画像を保存するか、クリップボードにコピーするか選択できます。

 

最近のWEBアプリはとても便利なので、JIRAなどのWEBアプリはコピペした画像をテキスト入力フィールドに貼り付けると画像がアップロードできたりします。
(これマジで便利です!WordPressでもこれができると超便利なんですけどね、、、、)

 

最後に

僕は、この対応で都度Macの画面キャプチャ(スクリーンショット)をググるストレスから解放されました!

 

今回は画面キャプチャ(スクリーンショット)のショートカットキーについて紹介しましたが、他にもマウスを左上の角にもっていくと、ダッシュボードが開くようにするといった便利な設定も可能です。

(こちらはまたの機会に紹介したいと思います)

 

みなさんもハッピーなMacライフを!


コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...