Mac パワーポイントでオブジェクトのコピーができない

公開:2016-01-16 / その他 / ,
更新:2016-01-16
icatch_mac

このブログで利用している画面キャプチャ画像は、取得後画面キャプチャした後にぼかしなどの加工が必要な場合はパワーポイントで行っています。

 

以前はWindowsですべて行っていましたが、ここ最近はMacBookAirで行っています。

 

ところがMacでパワーポイントを利用して画像の加工作業を行うにあたり、Windowsと同じように操作できない点がありましたので、本日はこちらについて調査・対応した内容を紹介したいと思います。

 

なお、この記事に関連してパワーポイントでぼかしを入れる操作についてはコチラを、またMacの画面キャプチャのショートカットキー変更についてはコチラの記事を参考にしてください

 

Macのパワーポイントで感じている不具合

Microsoft PowerPoint for Mac 2011をOS:Yosemiteで利用しているのですが、オブジェクトをコピーできないのです。

 

正確には、ショートカットキー「command + c」でのコピーができないのです。(右クリップでコピーを選択した場合は機能します)

 

以下の画面キャプチャにあるとおり、図形などのオブジェクトのコピーができません。

2702-1

 

なお、できないのはコピーだけではなく、キーボードのDeleteボタンを使っての削除、同じくキーボードの十字キーを利用した移動もできません。

(やろうとすると、何故かオブジェクトのテキスト編集になってしまいます)

 

原因

どうやらバグのようで、 Mac標準のIME「ことえり」を使っていると起きるそうです。

 

ただ、原因はOSなのかソフトウェアなのかについては特定はできていないようです。

 

OSはApple、ソフトウェア(PowerPoint)はMicrosoftなのでどちらも簡単には動いてくれないと思います。

 

どっちに原因があっても 、直してくれないのであればユーザ側で何とかするしかありませんね。。。

こういう場合は、弱者(ユーザ)が泣きを見ることになるのは世の常です。。。

 

対応方法はとても簡単なので、これを機に対応しておきましょう。 

 

対応方法

IMEを「ことえり」以外に変更すれば良いとのことなので、早速インストールされいているIMEを確認してみます。

 

メニューバーの「A」もしくは「あ」となっている箇所をクリックします。

2702-2

うーん、他のIMEは入ってませんね。。。

 

この問題で悩んでいる人は、有料でATOKを入れるか、無料のGoogle IMEの2択で解決されているようです。

 

僕はIMEにこだわりはないので、無料のGoogle IMEで対応しましたので、そちらの方法を紹介します。

(中にはGoogleにあまり依存したくないという方もいるようです)

 

まず公式サイトhttp://www.google.co.jp/ime/にアクセスし、ダウンロードボタンをクリックしてGoogle IMEを取得します。

2702-3

 

取得後、端末にインストールさせたら早速メニューバーの入力モードをクリックしてみましょう。

 

以下のとおり青アイコンでGoogle IMEが追加されていることが確認できますので、「ひらがな(Google)」を選択します。

2702-4

 

「ひらがな(Google)」に再度メニューバーの入力モードをクリックすると、これまでグレーアウトされていた日本語の部分は、以下のようにな表示に変わっていると思います。

2702-5

これで対応は完了です。

 

パワーポイントを起動して、動作を確認すると意図したとおりに動作すると思います。

 

なお、英字入力・かな入力ぞれぞれでGoogle IMEを選択しておけば、次回以降はキーボードの「英数」「かな」を押下すれば、Google IMEのほうが選択された状態で入力変換できるので、キーボードの操作感は「ことえり」と全く同じです。

 

アンインストールについて

「Google IMEがやっぱり自分には合わない!」という方もいらっしゃるかと思います。

 

そういう方はGoogle IMEが邪魔になるはずなので、アンインストールするかと思います。

 

何を隠そう僕もそうでしたが、いくら問題が解消されるとはいえ他の部分で不都合が出るなら、アンインストールしたくなるだろうと思い、事前に先に削除方法を調べてからインストールしました(笑)

 

そんな方のために、アンインストールについても触れておきます。

 

Finderからアプリケーションを選択し、その中にある「Google 日本語入力」をゴミ箱にいれればアンインストール完了です。

2702-6

ゴミ箱に入れる際、認証を求められるのでご注意ください。

 


コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...