Google Homeとクロームキャスト ウルトラを使ってテレビを操作してみた


巷で話題のスマートスピーカー(AIスピーカー)の一つであるGoogle Homeを購入し、2週間が経過しました。

 

僕は1歳の子供がいるため、GoogleのテレビCMの一コマである、子供が夜泣きしている際に「OK、グーグル。電気をつけて」というシーンをみて「とても便利そうだ」と感じたことを記憶しています。

 

ところが、Google Homeで電気を付ける場合は、スマート家電と呼ばれる対応機器(※1)を購入するかHUBとなるデバイスを利用する必要があるため、現在は毎朝の身支度中に「OK、Google 今日の天気教えて」と話しかけるくらいしか活用できていません(笑)

 

※1 フィリップスのWi-Fi内蔵LED照明、など

※2 ラトックシステム スマート家電コントローラ、など

 

Google Homeを購入したときのことは、Google Homeを買ったので子供と遊んでみましたにて紹介しておりますので、ご参考ください。

 

我家のリビングには、Apple TVがつながっているテレビが存在するため、「クロームキャストに乗り換えることで、活用の幅が見えてくるのでは?」という半ば強引な理由で、クロームキャストを購入することにしました。

 

僕のやりたいことを達成するだけであれば、普通のクロームキャストで十分なのですが、最近Amazonプライムを契約したこともあり、4Kコンテンツを楽しめるクロームキャストウルトラを購入してやりました!

 

まぁApple TVを買うと思えば、クロームキャストウルトラでも十分安いんですよね。。。

 

とまぁ前置きはこのくらいにして、本日はクロームキャストウルトラをテレビを接続し、Google Homeで操作したいと思います。

 

クロームキャスト ウルトラの開封の儀

それではクロームキャストウルトラを開封していきます。

まずは、外箱です。

クロームキャストウルトラ 箱

 

開けるとこんな感じです。

僕の印象としては「Apple TVより小さいなぁ」です。

クロームキャストウルトラ 箱を空けた

 

クロームキャストウルトラの中身一式です。

Google Home同様、分厚い説明書などはありません。

クロームキャストウルトラ 中身一式

 

クロームキャストウルトラの本体です。コネクタと本体は磁石でくっつく仕様です。

クロームキャストウルトラ 本体1

 

クロームキャストウルトラの電源ケーブルはココです。

クロームキャストウルトラ 本体2

 

電源アダプタには、LANケーブルをさせるようになってます。

基本はWi-Fi接続でしょうが、クロームキャストウルトラは4K対応なので、通信速度を考慮していると思います。

クロームキャストウルトラ 電源にLANポート

 

我が家のREGZA 50Z810Xにクロームキャストウルトラを接続したところです。

クロームキャストウルトラは軽いので、ぶら下げる感じでOKです。

REGZAにクロームキャストウルトラを取り付け

Apple TVは重たいので平置きする必要があるため、HDMIのケーブルの長さなど気にする必要がありますが、クロームキャストウルトラはそんな心配はありません。

 

説明書です。こちらもGoogle Home同様3ステップでまとまっていますが、3番目が大変です(汗)

クロームキャストウルトラ 説明書

 

クロームキャスト ウルトラのセットアップ

それでは、クロームキャストウルトラのセットアップを見ていきましょう。

Google Home同様、ChromeCastのセットアップはスマホにインストールしたアプリで行います。

 

テレビとクロームキャストウルトラを接続すると、以下の画面が表示されます。

僕はすでにGoogle Homeアプリをスマホにインストール済みなので画面の紹介はしません。

クロームキャストウルトラのREGZA接続

 

Google Homeアプリの「新規デバイス追加」から、先程テレビに接続したクロームキャストウルトラを指定します。

Google Homeアプリでクロームキャストウルトラ

 

Google Homeアプリからクロームキャストウルトラに接続します。

Google Homeとクロームキャストウルトラの接続

 

接続が完了すると、Google Homeアプリにテレビにコードが表示されているかの確認を求められます。

Google Homeでクロームキャストウルトラ接続 コード表示

 

テレビを見ると、画面の右下にコードが表示されていました。

クロームキャストウルトラが接続されたREGZAでコード表示

 

次は、クロームキャストウルトラの設置場所です。

我が家はGoogle Home同様にリビングです。

Google Homeでクロームキャストウルトラのデバイスの場所の選択

 

次はWi-Fi接続です。

ややこしいですが、Google Homeアプリを利用して、テレビに接続したクロームキャストウルトラのWf-Fi接続をします。

Google HomeでクロームキャストウルトラのWi-Fi接続

 

Google Homeアプリの画面に従いWf-Fiのパスワードを入力します。

Google HomeでクロームキャストウルトラのWi-Fi接続パスワード入力

 

Wf-Fi接続を開始します。

Google HomeでクロームキャストウルトラのWi-Fi接続中

Wf-Fiが無事に繋がると、クロームキャストのアップデートを確認し始めます。

Google HomeでクロームキャストウルトラのWi-Fi接続完了後のアップデート確認

 

Google Homeアプリでも同じ内容が表示されていました。

Google HomeでクロームキャストウルトラのWi-Fi接続完了後 REGZAの更新中

 

すでに発売から時間が立っているので、多くの場合アップデートがされるはずです。

終わると再起動します。

Google HomeでクロームキャストウルトラのWi-Fi接続完了後のテレビの画面

 

アップデートが終わり再起動が完了すると、クロームキャストウルトラのアカウントリンクです。

僕はGoogle Homeで利用したGmailのアカウントで接続しました。

Google Homeでクロームキャストウルトラのアカウントリンク

 

クロームキャストウルトラのセットアップ内容の確認です。

Google Homeでクロームキャストウルトラのセットアップ内容の確認

 

アカウントリンク中のテレビは以下の画面です。

これだけ見たら何の作業をしているのかわかりません(笑)

REGZAとクロームキャストウルトラ接続

 

アカウントリンクが完了すると、セットアップは完了です。

Google HomeでクロームキャストウルトラのREGZA接続完了

 

テレビの画面も準備が完了した旨の表示がなされます。

REGZAでキャスト準備完了

 

動作確認を兼ねて、クロームキャストウルトラのウリである4K画質を確認してみました。

iPhone6Sの画質ですが、美しさは伝わるかと思います。

 

1歳児の頭が写り込んでいますね。。。

テレビに集中していたので、きっとこの1歳児も4Kの画質に驚愕していたかと思います(笑)

 

クロームキャストでテレビのON/OFF

Google Homeを利用して、音声指示でテレビの電源をコントロールしてみたので、以下の動画をご覧ください。

 

僕が一番やりたかったことで、イメージ通りです。

さらには、クロームキャストでYouTubeの再生もできたりします。

 

ちなみに、ウチの子供はYouTubeのオモチャの動画が好きなこともあり、「おっけーぐるぐる、ゆーちゅーぶつけて」と一生懸命言っていました。コチラの記事の通り、子供の声は認識しづらいせいので、全然言うことを聞いてくれずに泣きべそかいてました(笑)

 

最後に

流行りのAIスピーカーの流れに乗っかり、Google Home、ChromeCast Ultraを勢いで買ってから2週間が経過しました。

 

日々の利用としては、以下の2点のみで、正直投資対効果はありません(汗)

  • 毎朝起きると子どもたちがテレビを要求してくるので、布団に入ったまま「OK、Google テレビをつけて」と指示できる
  • 朝ごはん中にテレビがついていると、どうしても朝ごはんに集中しないため、「OK、Google テレビを消して」と指示できる

 

テレビのチャンネルやボリューム、さらにはAmazon PrimeやTSUTAYA TVのコントロールができると、便利なのですがそれは求め過ぎなのでしょうか。。。

 

テレビであればAndroid TVですが、他スマート家電と呼ばれるデバイスが充実してくると、毎日の生活に大きなインパクトを与えてくれるのではないかと期待して5年、10年後を楽しみにしたいと思います。

 

mislead
MISLEADの記事に共感いただけましたら
いいねをお願いします。

コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...