人間ドックに行ってみた その1

公開:2015-06-20 / その他 / , ,
更新:2016-08-13
icatch_regi

2015年6月18日に人間ドックに行って来ました!

 

フリーランスになって初めての人間ドックということで、体験レポートをしてみたいと思います。

 

病院の選定

今回は、千葉県市川市にある「行徳総合病院」を選びました。

 

選んだ理由は、短期人間ドックの指定の病院で、かつネットの口コミで評判が良かったためです。

 

(短期人間ドックとは、市川市が自営業者を対象に、人間ドックの金額7割を負担してくれるというものです。短期人間ドックについては、フリーランスの健康診断という記事を参考にしてみてください)

 

病院を決めたら次は予約です。

 

役所からは事前に予約が必要と言われていたので、まず病院のホームページで短期人間ドックの予約について確認してみました。

 

ところが人間ドックのページはあるけれど、「短期人間ドック」というメニューは見当たりませんでした。

 

電話で問い合わせようと思ったのですが、他のオプションなど詳しく話を聞いてみたかったので、休みの日に直接病院で話を聞くことにしました。

 

短期人間ドックの予約

土曜日になり、嫁と子供を連れて病院に向かいました。

 

行徳総合病院へは病気などで通院した事はありませんが、何度か通りかかった事があったので迷わずたどり着けました。

 

ところが、建物に近づくに連れて不安になりました。

なぜなら、病院に人の気配がない、、、

 

もしかして、「最近流行りの医療ミスで、患者が別の病院に乗り換えたのか!?」などと深読みしながら入り口に近づいてみると、扉が閉まっていました。

 

どういうことだ?と、その場でスマホを取り出し、病院のサイトを見てみると、

 

2015年3月 行徳総合病院は新築移転いたしました。

 

なんですとー!

どうりで人の気配がないわけだ。

 

予約を申し込もうとしたのが6月頭なので、結構最近引っ越ししたのね。。。

かかりつけでもない限りわからんよね、、、しかたない。

 

気を撮り直して、移転先の住所を確認すると、ベビーカー押しながら歩いて行くにはちょっと遠い。。。

 

さて、どうしたもんか。

 

別の病院に変更するって手もあるけど、今日開いてるかな〜などと考えてたら、隣で嫁が

 

ここから病院行きの送迎バス出てるみたいよ

 

というので入り口の張り紙を見てみると確かにありました。

 

旧病院の駐車場がバスの待合所になっているようなので、そこでバスを待ちました。

 

11時という時間帯だったためか、待合所には誰もおらず、バスが来るまでに僕の家族のほか3人しかいませんでした。

 

数分でバスが来ました。

20人くらいのでるマイクロバスです。

 

ハイエースとかボンゴをイメージしてたのでけっこう利用客がいるのだろうと思いならバスに乗り込み、10分ほどで目的地の行徳総合病院へ到着しました。

 

病院を見てビックリ!有名な大学病院くらい大きい!

 

しかもまだ築1年未満なのでとても綺麗です!

行徳総合病院 外観

 

右の奥には駐車場です。ここからだとわかりづらいですが3階建てです。

行徳総合病院 駐車場

 

駐車場は病院利用者じゃなくても使えるみたいです。

行徳総合病院 駐車場案内

 

24時間営業で、5時間300円は安いですね!

 

入口です。

バリアフリーの設計であることが一発でわかります。

行徳総合病院 入口

 

中に入ってすぐに総合受付があったので、短期人間ドックの予約をしたい旨を告げると、別の担当者が話をするとのことで、このまま受付の椅子で待つように言われました。

 

中に入ると、改めて病院の大きさに驚きました。

設備も整っているようで、難易度の高い手術とかも対応できそうな病院であることがわかります。

 

ほどなくして、病院の制服を着た20代後半のいかにも医療事務っぽい女性が現れ、詳細を聞くことができました。

 

まず、市川市から補助の出る「短期人間ドック」は、行徳総合病院では「スタンダードコース」と呼ばれるコースになるとのこと。

 

ただし、通常のスタンダードコースは以下のメニューになるのだが、その内「肺機能」と「腹部エコー」は短期人間ドックの対象外になので除外されるとのこと。

  • 身体計測(身長体重、BMI、腹囲)
  • 血圧測定
  • 診察・問診
  • 視力・眼圧・眼底検査
  • 聴力
  • 肺機能(短期人間ドックでは対象外)
  • 心電図
  • 胸X-P
  • 糖尿病検査
  • 便潜血
  • 胃レントゲン
  • 腹部エコー(短期人間ドックでは対象外)
  • 生化学検査
  • 免疫学検査
  • 尿検査
  • 血液学検査

 

しかも、オプションでこの2つを入れることができるか聞いたところ、規則のためできないとのこと。

 

次に、バリウムが嫌だったので胃カメラに変更できるかを尋ねると、これはゆったりコースというものになり、やはり規則のため変更できないとのこと。

 

うーん、マニュアル通りのお仕事されているということがよくわかりました。

 

金額は、¥46,000円で3割負担なので、一万円でちょっとお釣りがくる感じですね。

 

他に追加料金がかかるがMRIや大腸カメラなど検査も可能との説明を受けました。

 

大きい病院のためか、やはりオプションの項目はなかなか充実していると感じました。

 

脳なんて調べたことがないので、調べてみたいけど、ちょっと高いな 〜なんて嫁と話をしていたら、

 

スタンダードの検査後、もし異常が見つかってその詳細な検査については、保険が適用されますよ。

 

というアドバイスをもらいました。

 

ほう、なるほど。

 

「短期人間ドックでも大概の検査はやってくれるわけなので、異常が見つかってからでいいな」ということで、今回はオプションはナシでスタンダードコースを短期人間ドックメニュー版で受けることを決めました。

 

続いて、日程の調整です。

 

検査は、日曜日を除く午前中のみだったので、1歳の子供がいる僕ら夫婦は日付を別にして順番で子供の面倒を見る話をしたところ、

 

お子さん連れていらしでも大丈夫ですよ。

お二人でタイミングをずらして検査を受けれますし、最悪私たちの方でお子様を見ることもできますので。

 

子持ちの親にとってなんともすばらしいご提案!

 

それなら会社休む の1日でいいし、業務への影響も最小限にできます。

(それなら土曜日にしろよって思いますが土曜日の午前中はベビースイミングなので無理なのです、、、)

 

ここで一気に行徳総合病院の評価が上がりました(笑)

全然マニュアル通りと評価した先ほどの評価を撤回させていただきます!

サービス最高に良いです!

 

最短の日付を予約し、検査日の1週間前には、当日の案内や事前の検査キットを郵送で届く旨の話を聞いて、その日は終了しました。

 

ちょっと長くなってしまったので、人間ドック当日の話は人間ドックに行ってみた その2に続きます。

 


コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...