ダースベイダーになった娘 寝相アート


僕はスターウォーズで一番好きなのはダースベイダーです。

そのため、所有しているスターウォーズグッズは帝国軍のアイテムが多いです。

 

2017年の11月頃にディズニーランドで、ダースベイダーのポップコーンバケットが販売されたとの情報を聞きつけ、さっそく嫁さんに指示して買ってきてもらいました。

 

実物はコチラです。

ダースベイダーのポップコーンバケット1

左にいるのは、メタコレより一回り大きなダースベイダーのフィギュアです(サイズの比較用に置いてみました)

 

ベイダー卿の頭部が蓋になっており、開くとこんな感じです。

ダースベイダーのポップコーンバケット2

このように頭部が開くタイプのものを見ると、「羊たちの沈黙」もしくは「レクター博士」を思い浮かべるのは僕だけではないと思います(笑)

 

先日、次女がおひるねをしている時に、ふとダースベイダーのポップコーンバケットと目があったので、「なにかできないかな〜」ということで、産まれた寝相アートを紹介します。

 

ダースベイダーになったわが娘

それでは、ダースベイダーのポップコーンバケットを見て思いついた作品を観てもらいましょう。

題して、「ダースベイダーになったわが娘」です。

ダースベイダーになった娘

 

なんといっても赤ちゃんでとてもかわいらしいこともあり、ダースベイダーやライトセーバがあったところが、ほんわかした可愛い写真になってしまいます。

 

そこで、冷たくてドラマチックなフィルターを掛けたおかげで、いい感じの雰囲気が出たのではないかと思ってます。

 

この子が生後1ヶ月の時に、スターウォーズネタでダークサイドに堕ちた娘というテーマで寝相アートをしているので、そちらもご覧ください。

スター・ウォーズ ライトセーバーを使った寝相アート

 

最後に

我が家は、ディズニーランドへは車で20分ほどの距離なので、年に数回は訪れます。

 

今日紹介した、ポップコーンバケットも一個あれば十分なのですが、我が家には他にも3個あります。

我が家のポップコーンバケット

 

ディズニーランドに行くと、みんな持っているので「あっ!アレ見たことないヤツだ!欲しい!」なんてことになり、ついつい買ってしまった結果です。

 

ディズニーランド・ディズニーシーに行くときは、誕生日など特別なイベントがあるときだけなので、子供が欲しいと言っているのに、我慢させるのもちょっとかわいそうだと思うのは男親ならわかる方も多いかと思います。

 

行く度にポップコーンバケットが増えるのが最近の悩みの種です。

 

みなさんは、どうしていますか?

アドバイスを頂けると助かります!

 

mislead
MISLEADの記事に共感いただけましたら
いいねをお願いします。

コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...