フリーランスの営業、仕事の作り方

公開:2015-12-14 / 営業 / , , ,
更新:2017-02-11

フリーランスでやっていく以上、どうやって仕事を作るか、は常に悩みの種かと思います。

 

何を隠そう、僕自身、友人のコネを頼りに仕事を初め「営業は後で考えればいいや」くらいにしか考えていませんでした。

 

ところがフリーランス3年目に入り、そんな考えではまたサラリーマン生活を余儀なくされる可能性が高くなるため、フリーランスの営業について真剣に考えてみようと思った次第です。

 

そんなわけで本日は、僕の営業について紹介したいと思います。

 

仕事の作り方

フリーランスがお仕事をいただく方法として、パッと思いつくのは

  • 飛び込み営業
  • 友人・元同僚からの紹介
  • 営業代行(エージェント)からの紹介

 

あたりかと思います。

 

フリーランス駆け出しの頃は「今あるコネをフルに使う」という教科書通りの対応で、友人の紹介でWebディレクターのお仕事をさせていただきました。

 

ただ、僕は人付き合いが得意ではないこともあり、お仕事の相談ができる友人が少なかったため、2年目くらいからフリーランス専門の営業代行(エージェント)会社に登録してお仕事をいただいておりました。

 

エージェント会社に登録しておけば、案件が終了しても「次のお仕事ください」と言えば、自分の条件にマッチした案件を紹介してくれるので自ら探す必要はなく、仕事で自分のバリューを発揮することに集中できます。

 

ただ、当然いいことばかりではありません。

 

営業を代行してもらうということは、自分自身で営業をしないことを意味するので、お仕事を続けるためにエージェントに依存し続けることになります。

 

僕がイメージしているフリーランスは、何かに依存したりするのではなく「アイツに依頼したい」とか「この案件はアイツにしかできない」と相手に必要と思われる存在になり、特に営業しなくても仕事の相談が舞い込んでくる感じです。

(サラリーマン時代もそうでしたが、「システム案件と言えばアイツ」という覚えられ方をしていたので、大きな商談で難易度高そうな案件は、僕から声をかけなくても相談がきていました)

 

そのため、エージェントに依存し続けるのは課題であると感じ、この状態を解決案を考える必要が出てきました。

 

営業代行(エージェント)以外の選択肢

冒頭で述べた営業代行に頼る以外の「仕事の作り方」について考えてみました。

 

まず、フリーランスに限らず苦手とする方も多い、「飛び込み営業(最近は売り込みメールですかね)」についてですが、僕は大学に通うために新聞奨学生として住み込みで新聞配達を行い、業務の都合上、ヤクザまがいの拡張員の仕事をしていたことがあります。

(訪問してしまった方へ、心よりお詫び申しあげます。。。)

 

その拡張の仕事に嫌な思い出がたくさんあるので、飛び込み営業はできれば避けたいと考えています。

 

次に、友人・知人からの紹介についてですが、これは「お仕事の相談につながる友人・知人を増やす」ことになります。

 

こちらについては起業志向のある元同僚からの勧めで、Web系の勉強会に参加して人脈を増やそうと、有料を含め幾つかのセミナーに参加しました。

 

ところが、セミナーの内容に知ってるが多く、あまり勉強にならなかったということから参加すること自体が苦痛になってしまったため、自分にはあわないことがわかりました。

 

営業代行(エージェント)をフル活用する

僕がフリーランスで生きていくためには、営業代行(エージェント)を利用するしかなさそうだということがわかりました。

 

そのため、営業代行(エージェント)に頼りつつ、最終的に依存関係がなくなるような方法考えた結果、以下のような考えでやっていくことにしました。

 

紹介された企業にて信頼を勝ち取り、そこで築いた関係でお仕事をいただけるようにする

 

これだけ聞くとお行儀が悪く聞こえるかもしれませんが、当然 エージェントとの関係を悪くするわけにはいかないので、企業様には筋を通していただく必要はありますが、それすらも厭わないと思っていただける人材にならなければなりません。

 

う〜ん、ハードル高いかも、、、

 

でもまぁ、自分で決めたことなので頑張ります、ハイ。

 

ただ、この案も商流が一本になるので、その場合の金額感をどうするかという課題があるのでそちらについては引き続き検討したいと思います。

 

(なお、金額の話でいうと現在のエージェント会社には僕が欲しい金額は条件として提示しています。そのため、エージェントが「いくら乗せて販売するか」だけなので、中間マージンを取られていることについては問題視はしていません。むしろ、高値で販売いただけて光栄に思っています)

 

最後に

この戦略を取ってから常駐でお付き合いをさせていただいた企業のメンバーとは、今でもたまに飲みに行くような関係性を築けています。

 

飲みの席で「いつ戻ってきてくれるんですか?」などとありがたいお言葉をいただいております。

 

自分の目指すフリーランスになるためには、時間がかかる戦略かもしれません。

ですが、このやり方が一番自分に無理なくできるやり方なので焦らずじっくり行きたいと思います。

 


コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...