DMMモバイルに乗り換えてみた MVNO

公開:2016-01-12 / その他 / , , , ,
更新:2017-01-29

先日、十数年契約したauから、DMMモバイルへと乗り換えをいたしました。

申し込みをして二日後にDMMモバイルのSIMカードが届きましたので、本日はDMMモバイルを手持ちのiPhone6sで動作させるところまでを紹介したいと思います。

 

なお、auへのMNP予約申し込みについてはコチラの記事で紹介しておりますので、興味のある方は御覧ください。

 

準備

DMMモバイルのSIMカードと、SIMフリーの端末が必要です。

 

僕の場合、以前にiPhone6sのSIMフリー版を購入しているのでこちらを利用します。

(iPhone6sを購入するに至った経緯はコチラを参照)

 

ただ、現在IIJmioでデータ通信のみ利用しているので、使っているSIMは抜いておきます。

2808-3

 

もう一つDMMモバイルの郵送物は普段お目にかかれないと思いますので、中身を紹介したいと思います。

 

郵送物外観はA4サイズの緩衝材で守られた封筒です。宅配会社はクロネコですね。

2808-4

 

中身は明細とSIMカードと手順書です。

 

DMM 社の他のサービスなど入ってても良さそうですがありません。

(ユーザーとしては余計な情報がなくていいのですが、事業戦略的には必要かと思いますが、どうなんでしょうかね。まぁ大きなお世話ですね)

2808-5

 

SIMカードを取り出してみます。

2808-6

 

IIJmioと同様にdocomo回線を利用していますね。

2808-15

 

説明書は、表がAndroidで裏がiOSでした。

2808-7

 

郵送物は以上です。

続いて、DMMモバイルのSIMカードを挿して使えるようにしたいと思います。

 

手順

DMMモバイルのSIMカードを挿す前に、SIMフリーの端末にプロファイルをインストールする必要があります。

 

プロファイルは各社ごとに異なるので、今回はDMMモバイルのプロファイルをインストールします。

(前回、IIJmioのSIMカードを使うために、IIJmioのプロファイルをインストールしたことがあります。IIJmioの利用の場合はコチラを参照してください)

 

今回DMMモバイルで利用するSIMフリーの端末でhttp://mvno.dmm.com/apn/index.htmlにアクセスします。

2808-8

なお、Wi-Fiなどでインターネットに繋がっていないとアクセス出来ないのでご注意ください。

自宅にない方はスターバックスなどで提供している無料のWf-Fiを使ってもOKです。

 

ダウンロードすると、端末の設定が起動するので右上の「インストール」をタップします。

2808-9

なお、詳細をタップすると、DMMモバイルのAPN情報が確認できます。

(現在、別会社のプロファイルをインストールしているとダウンロードできないため、その場合はプロファイルを削除してください。詳しくはコチラ

 

警告が表示されますが、構わずに画面右上の「インストール」をタップします。

2808-13

 

完了後、一般の画面を見ると、プロファイルの箇所が「DMM mobile」になっていたら完了です。

2808-14

 

準備していたSIMフリーの端末にDMMモバイルのSIMカードを挿入します。

2808-16

 

すると、左上に電波とdocomoの文字が表示され無事に認識されたことを確認できます。

2808-17

 

ただ、僕の場合IIJmioもdocomo回線だったのでパッと違いがわかりませんでした。

そういう方はWi-Fiを切ってインターネットが繋がるかどうかで確認をとってみてください。

 

ちなみに僕はIIJmioでデータ回線のみの契約だったので、誰かに電話をかけることでDMMモバイルのSIM動作確認を取りました。

 

これにて、作業は完了です。

 

スマホ2台持ちから解放され、日々の忘れ物が減ったように思います。

 

実際、家の鍵かイヤホンを忘れることが多かったのですが、乗り換えてからなくなりました(笑)

 

不要になったiPhone5は初期化して娘にあげました。

2808-18

 

しばらく触っているのを見ると、Youtubeを見てました。

 

アナ雪が好きなので、一覧で縦にスワイプして動画をタップしたのを見て、「もうそんなことできるのか?」と衝撃を受けました。

 

どうやら嫁さんが見せていて、それを見て覚えたっぽいです(汗)

 

最近の1歳9ヶ月はすげーな!

 

僕が同じ年の頃は、きっとゲームウォッチとかが与えられていたのかもしれないなぁと思いました。

(ゲームウォッチ知ってるとそれだけで歳がばれそうですが、、、)

 

最後に

初めてじゃないせいか、随分と小慣れてきました。

 

キャリアだとこの作業を代行してくれるので、楽だったなぁと思う反面、ちょっと調べれば自分でできる作業をいろいろな名目で支払っていたのだなぁと感じました。

 

こういった作業をキャリアに依存せずに自分たちでできるようにすることで、キャリアが独占している市場に穴を開け、他の会社が参入しやすくなり、サービスの価格競争が起きて適正化されるのだと思います。

 

キャリアも黙ってはいないと思うので、MVNOも価格で勝負できるのはあと数年かと思います。

 

これからキャリア、MVNOがどのようなサービスを打ち出してくるのか非常に楽しみです。

 

 

プロファイルの削除

すでに別会社のプロファイル情報をインストールしていると以下のとおりインストールができません。

その場合はプロファイルを削除すればインストールできるようになります。

 

以下、iPhone6sの端末でIIJmioのSIMからDMMモバイルのSIMを挿す場合の例で説明していきます。

 

まず、すでにIIJmioのプロファイルがインストールされている状態で、DMMモバイルをインストールしようとすると、以下の画面の通りエラーメッセージが表示されます。

2808-10

 

「設定」から「一般」に遷移し、「プロファイル」をタップします。

2808-11

 

すると、現在インストールされている会社のプロファイル情報が表示されるので選択して削除すればOKです。

2808-12

 

 

mislead
MISLEADの記事に共感いただけましたら
いいねをお願いします。

コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...