iPhone6s SIMフリー版を買いました! お値段10万超え!

公開:2015-10-24 / その他 / , , , , , , ,
更新:2017-02-11

iPhone6s simフリー版、ついに買いました!

 

しかも今回初登場のローズゴールドです!

 

Apple online Store での購入なのでお値段なんと税込価格¥119,664-!!!

(消費税だけで¥8,864-!!!)

 

悩みに悩んだ末の購入です。

 

僕はちょっとでも迷ったら「買わない」と決めているので高額商品の購入となるとかなりの時間が費やします。

 

今回は「iPhone6sが9月に発売されるかも」の時点からなので1ヶ月以上も悩んでしまいました。。。

そのため、すでに発売から1ヶ月経ってしまっているので、他のブログではレビュー記事がすごい勢いで公開されています。

 

そんな出遅れた感がありありの中この記事を買いているわけなので、単純に機能や操作感のレビューしてもきっと「他のブログで読んだわ」ってなってしまうと思います。

 

そこで、本日は僕がiPhone6sを買うに至った経緯について綴って見たいと思います。

 

実機確認

これから電車の中でうざいくらい見かけることになりますが、写真を取っておいたので載せておきます(笑)

2007-01

 

iPhone6s SIMフリー版を買おうと思った理由

乗り換えの動機は端的にいうと以下の通りです。

  • 今使っているスマホの容量が少ない。
  • 携帯電話キャリアとの契約を見直したい。
  • 今年あまり経費を使っていないので経費で落としたい。

 

この理由だけなら「Androidでもいいじゃねーか」と思う方もおられると思います。

 

ここでは詳しい説明は省きますが、過去にINFOBAR A01を使っていた際、何をするにしても遅いという不満からAndroidに見切りをつけてiPhone5に乗り換えた経緯があるので、今回はiPhone縛りとさせてください。

 

さて、それでは上記 に挙げた3つの理由をそれぞれ詳しく紹介していきたいと思います。

 

今使っているスマホの容量が少ない。

iPhone6sにする前はiPhone5 16GBを使っていました。

 

ところがこの16GBという容量は、

 

音楽データが全部入らない

 

という問題があり、実はこれiPhone5を買った当初からの僕の悩みでした。

 

しかも16GBといいつつiPhone5のOSやらアプリやらを考えると実質音楽に使える領域は12GB程度です。

 

僕は音楽のデータだけで40GBほどあるので1/3程度しか入りません。

そのため、月に1回くらいの頻度でデータの入れ替えをしなければならず、これが非常に面倒な作業だったのです。

 

実はiPhone6の発売時、128GBの容量が発売されるニュース記事を目にしたときはかなり心が揺れましたが、キャリアの2 年縛り・サラリーマン時代のおこずかい制度が足かせとなりやむなく断念していました。

 

金額面も考慮すると64GBという選択もありましたが、容量がギリギリになりそうなのでやはり128GBの一択になりました。

 

携帯電話キャリアとの契約を見直したい。

僕はフリーランスになった時、確定申告のことを考えて経費になるもの領収書関係を整理したことがあります。

 

我が家のインターネットの契約は、以前、プロバイダーにso-net、回線にNTTのフレッツ光という組み合わせで、領収書の対応が面倒で且つ料金が高いことを受け、契約の見直し始めたのをキッカケに、携帯電話の契約の見直しを考えるようになりました。

 

そんな中、2014年の4月にイオンが格安スマホのニュースが目に入るようになり、その後MVNOというサービスが注目され始めたので検討を重ね、結果、auは違約金を支払って通話のみの契約を、またBIC SIM(実はIIJ)のデータ通信のみのSIM契約とモバイルルーターの組み合わせでインターネットを利用することで、それまで5000円ほどかかっていた携帯代金を2000円まで下がることができました。

(契約は2個のままでスッキリしませんが、、、)

 

そんなこんなで、現在利用しているデータ通信SIMカードを挿したモバイルルータなのですが、これが海外製のせいか最近バッテリーの持ちが悪く、MAX充電しても2時間ほどしか持たなくなってしまいました。

 

これを機に、SIMフリーのiPhone6sを購入しデータ通信のSIMカードを差すことで取り急ぎインターネットできるスマホを準備し、最終的にはauのSIMカードは、どこかのMVNOサービスの通話+データ通信のSIMカードへMNPすることで、今回購入するiPhone6sの1台で運用したいというのが狙いです。

(これにより契約も一本化されるので、領収書も1枚!万事解決です)

 

今年あまり経費を使っていないので経費で落としたい。

なんだかんだでこれが一番の大きな理由かもしれません。

 

今年はパソコンの買い換えなどといった割と大きい金額の経費がないので、少しでもいいので経費で使って税金対策をしたいと思っていました。

 

ただ、狙いのiPhone6sは前述した容量不足を解消するため128GB狙いなのでお値段10万円以上。。。

 

う~ん、これは困った、、、

 

実はフリーランス(個人事業主)の場合、10万以上の経費は、5年の減価償却扱いになってしまうのです。。。

 

いつまでフリーランスできるかわからないので、ここで5年の縛りはちょっとなぁ〜、ということで64GBのiPhone6sを見るとギリギリ10万以下だったので、

  • 経費にするため、妥協して64GBのiPhone6sとするか。
  • 容量問題解消のために、やはり128GBを購入するのか

 

悩んだ結果、後者のiPhone6s 128GBを選択しました。

 

でも諦めきれないので「10万以上で一括で経費にする方法はないか」と探したところ、なんとありました!

 

コチラの税理士さんのサイトによると

 

青色申告をする個人事業主であれば、このような減価償却資産のうち、1個(または1組)当たり30万円未満の少額減価償却資産については、購入・使用開始した年度に一括して経費計上することができます。〔少額減価償却資産の特例〕

 

なんと!

 

今年は青色申告できるし、問題ない!

税理士のサイトなのでソースもバッチリ!

 

ということで、経費面についての問題は解消されました。

 

結論、iPhone6s 128GB SIMフリー版 を購入することで決定しました!

 

まとめ

そんなこんなで僕はiPhone6sを購入しましたが、結果として非常に満足しています。

 

僕の所感ですが、iPhone5と比べると毎日のスマホ体験に劇的な変化はありませんが、細かい点の操作ストレスは解消していると思います。

特ににカメラの性能は比較するとその差は歴然です!

 

まだ利用イメージがつかめていませんが、目玉である3Dタッチを利用したUIには期待できそうな気配もあります。

 

是非iPhone6sの購入を迷っている方は、後悔しないよう納得行くまで検討をしてみてください。

 

mislead
MISLEADの記事に共感いただけましたら
いいねをお願いします。

コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

© yukio iizuka All Rights Reserved...