希望と異なる会社の面談をセットされた件


フリーのコンサルタント向けのエージェント会社に登録して、仕事を紹介してもらったところ、希望と異なる会社の面談をセットされました!

 

会話のやり取りを思い出していますが、いまだに信じられません。

 

そんな体験(というかグチ)を吐き出したいと思います。

 

背景

2021年3月に今までお仕事を支援していた会社の契約が終了するため、新たに案件を探すことになりました。

僕は基本的に、知り合い経由でお仕事をいただくので、いつものようにFaceBookの知り合いから、お仕事くれそうな人にアポとってひたすら ランチ or 飲み をしていました。

 

ところが一ヵ月ほど経過して振り返ってみると、形になった仕事が単発のセミナーだけだったので、やむなく以前登録した、フリーランス向けにお仕事を紹介してくれるエージェント会社(通称SES営業)に連絡して、お仕事を探していただくことにしました。

 

案件の相談はあるものの、興味をそそる仕事になかなか出会えなかったので、新しいエージェントに登録することも視野に入れて幅広く案件を探していたところ、フリーのコンサルタントにお仕事を紹介するエージェント会社が面白そうな案件をサイトに掲載していたのでエントリーしました。

 

カウンセリングという名のスキル・実績紹介を行って、エントリーし、無事に面談にこぎつけることができました。

 

事象・経緯

面談当日、新たに連携を受けた案件の詳細を伝いたいということで、電話で事前に教えてもらうことになりました。

 

ただ、その詳細の内容が、希望の案件と大きく異なるため、不安になり、確認しました。

 

以下その時のやり取りです。

 

僕:あのー、今のお話でエンドが貿易業とおっしゃっていましたが、僕がエントリーしたのは「情報通信業」だったはずです。これは、御社プライムではなく、2次請ということでしょうか?

 

SES営業(以下営業):あ、いえ、すみません。お伝えできていませんでしたが、そちらの企業様とは別の案件になります。

 

僕:ん?どういうことですか?

 

営業:エントリー希望いただいた案件は、進めているのですが、別でピッタリな案件があったので、そちらの調整をさせていただきました。

 

僕:エントリー希望していない企業と面談という理解でよろしいでしょうか?

 

営業:はい、その通りです。すみません。弊社の連携不足です。

 

とまぁ、こんな感じでした。

希望と違う企業とわかっていながら進めていたので、確信犯ですね。

 

普通に考えて、エントリーしていない企業と面談組まれるってあるんでしょうか?

 

これが転職の面談だったら大問題になると思います。

(っても転職の場合は社名を伏せることはないので、こういったことは起きにくいですね)

 

いろんなエージェント会社の営業とコミュニケーションしてきましたが、こんなやり取りは初めてでした。

 

しかもコンサル向けのSES営業がこの対応というのが驚きです。

フリーのコンサルタントって、想像以上にマインドが広いのでしょうか?

だとしたら、僕はフリーのコンサルタントにはなれないかも。。。

 

最後に

スキル・条件面、内容がわからない案件のエントリーになるので面談をキャンセルし、さらに、エントリー希望を出していた案件もキャンセルの旨をお伝えしました。

 

そして、エージェント会社の登録も解除いたしました。

 

エージェントの会社から見れば、フリーランスなんていくらでもいると思います。

だからといって、希望していない企業への面談セットしていいとはなりません。

 

もともと知り合い経由でしか仕事を受けないのに、僕の都合のいい時にエージェントを使おうとする魂胆が悪いのかもしれません。

(んー、でもエージェント会社ってそういう使い方していいんだよね???)

 

エージェント会社に頼るのは、もうこれで最後にしようと誓った今日この頃です。

 

みなさんも、エージェント会社(っていうか担当するSES営業ですね)をきちんと選びましょう。(選べないけど)

 

mislead
MISLEADの記事に共感いただけましたら
いいねをお願いします。

コメント一覧

コメントはありません

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© yukio iizuka All Rights Reserved...